PTAって怖くない!?@入学式

更新日:7月3日

いよいよ本年度の役員会活動が始動しました。

今年は始業式当日が役員の仕事始めでした。


始業式では、

①会費や会則を記したPTA関連の資料の配布

②新入生保護者向けあいさつ

が、主な仕事です。


昨今ではPTAって本当に必要?という風潮が高まってきていますよね。

忙しい中、PTAの役員・委員の役割を無理やり引き受けることになったり、

任意加入なのに入らなかったら村八分になるのでしぶしぶ加入したり。。。


PTAって、とてもとても「面倒な組織」だと思われてる (T-T)


新入生の保護者の方、特に第1子の保護者の方なんて、PTAを怖い組織だと思っているんじゃないかな。。。


ですが、関台小のPTAは、

委員数も6年間に1回も回ってこないほど少ないし、

その他の見回り活動もないし

実は、一人の保護者の負担としては、そこまで多くないのです


逆に、

・保護者の皆様の悩みを一緒に考えたり

・学校の困りごとを一緒に解決していったり

・子供たちにとって楽しいイベントを一緒に企画したり

みなさまの気持ちに寄り添える組織でありたいなと


コロナ禍で横のつながりがなくなり、

学校も先生の負担が増えたり

新しい教育方法にすぐに対応できなかったり


色々な課題がありますよね。


困ったことをすぐに相談できる、横のつながりを少しでも増やせるように、

我々もこの一年間、活動できればと思っています!!


←入学式での会長挨拶


「PTAは怖くないですよ」は、伝わったはずです。


強いていうなれば、さくら通信、ではなくさくら連絡網です。


さくら連絡網とは何ぞや、というお話は別の機会に!

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示